「コウガイビル」を追う

 


 私はこの不思議な生物に偶然にであった(最初に「発見」したのは生徒である。2008.11.14のことである。)。最初は、大きなヒルだろうと思っていた。
これが、「コウガイビル」という生き物であると知ってからも、「ふしぎ!?」はずっと続いている。
エサも与えていないのに、「発見」から5ヶ月以上もナイロン袋のなかで生き続けている。
「コウガイビル」の「ふしぎ!?」を追いかけることは、「生命とは何か?」の問いに答えるヒントをみつけることができるかも知れない。
 「細胞」「生殖」「DNA」等々からはじめて、私流「生命科学」にいたるかも知れない。
 その学びの軌跡を残しておきたい。そんな思いからこのページをつくってみた。
内容はは「blogの記録集」と「Web参考リンク集」が中心となるかと思うが、更新をしながら考えていきたい。 

09/04/25 (土)


   
 私の【教師日記】より


 参考Webページ

感想・ご意見は、私の【理科教師日記】または【理科の部屋】4@folomyまで


楠田 純一の【理科の部屋】にもどる。