もうどれほどになるだろう。古代の朱(硫化水銀)=丹生を追いはじめて・・・。
「活断層と水銀」「水銀の歴史」「金属と人間の歴史」「鉱山の歴史」「自然と人間」「古代の政(まつりごと)と朱」「…」といくらでも知りたくなる、調べてみたくなることが飛び出してきそうな、不可思議な物質「丹生」。
 ここは、シロウト人間がいつもの無手勝流で、この「丹生」を追いつづけるものがたりのページである。 (01/02/04 (日))


【更新歴】


私の【理科教師日記】より






12/03/18 (日)
01/02/04 (日)
01/02/04 (日)
01/06/03 (日)
01/11/18 (日)
07/12/24 (月)




 感想・ご意見は、【理科の部屋4】@folomyまでお願いします。
m(__)mペコリ


楠田 純一の【理科の部屋】にもどる/